果たして車買取りの金額は本当にゼロ円になるものなのか

果たして車買取りの金額は本当にゼロ円になるものなのか

車の中には、かなり状態が厳しいものがあります。そのような車は色々考えられるのですが、例えばどこかで交通事故を起こしたような車ですね。車の前面部分のボンネットが、大破しているような車もたまにあります。そうかと思えばかなり走り込んでいる車なども、やはり状態は少々厳しめな事が多いですね。また低年式車なども、やはり状態に難があるケースが多いのです。

 

厳しい車はゼロ円になってしまう事も

 

状態が厳しめな車の場合は、やはり買取金額も厳しくなる傾向があります。当然の事ながら、車の買取会社としては状態の善し悪しを見ているものだからです。
ちなみに業者の中には、過走行車や低年式車の買取をお断りしている所も見られます。後になって何かトラブルが発生すると面倒なので、あえて断っているのですね。
ではどれ位厳しくなるかと申しますと、買取金額がほぼゼロ円になる事があるのです。つまり査定額ゼロ円という事になります。
もちろん車のオーナーの方にとっては、それはあまり嬉しくないでしょう。せっかく買取店で査定を受けたにもかかわらず、自分の車がそれだけ低く評価されるのはちょっと悲しいと思います。

 

ゼロ円になるような車はほぼ無い

 

ところである車の査定士の方が、ちょっと興味深いことをおしゃっていました。実際には、車の金額がゼロ円になる事はあり得ないのだそうです。どのような車も、必ず価値があるのだそうです。
確かに状態が厳しい車の場合は、ちょっと買取は厳しくなる傾向があります。しかしその車は、いずれ何かの方法で処分をする事になるのです。
その方法の1つとして、例えば鉄くず業者などがあるでしょう。その業者に車を持ち込んでみると、数万円くらいの金額が付く事もあるのですね。
というのも車のパーツの中には、再利用できるものなども見られるのです。鉄くず業者がそのパーツを、海外の業者に高く売っている事もあります。
ですのでゼロ円査定というものは、実質的にはあり得ないのですね。それをわざわざゼロ円と伝えてくる買取店には、やはり何か利益の問題があるのでしょう。
たとえゼロ円と伝えられても、粘り次第では1万円ほどの金額になる事もあるそうです。ですのでどうしても車をゼロ円にしたくないのであれば、粘ってみるのも一法ではあります。
しかし1万円アップのために粘ってみるのも、ちょっとあまり効率が良くないとも思いますね。それよりはお店で粘るのは諦めて、5万円買取保証などのお店に車を持ち込む方が効率的だとも思います。
いずれにしても「どんな車でも必ず値段は付くもの」という話は、ちょっと頭に入れておいた方が良いと思う次第です。